JR立川駅南口から徒歩5分。立川を中心とした多摩エリアでの建設業許可、経審、会社設立はおまかせください。

池森行政書士事務所

建設業許可の更新

1.建設業許可の有効期間
建設業許可の有効期間は、許可取得から5年間です。有効期間は、許可取得日から5年後の許可取得日と同じ日付の前日までとなります。
建設業許可を取得した際に行政から送られてきた許可通知書に有効期間が書いてあります。
※有効期間の最後の日が休日・祝日で行政機関が休みとなる場合でも、有効期間に変わりはありません。
有効期間が過ぎる前に、更新の手続きを行わなければなりません。

 

2.更新申請の期限
更新申請は、知事許可の場合、有効期間が満了する日の2ケ月前から30日前までに申請する必要があります。
大臣許可の場合、有効期間が満了する日の3ケ月前から30日前までに申請する必要があります。
建設業許可を更新するためには、基本的には建設業許可の新規申請時と同じ要件を満たしている必要がありますが、更新申請の場合、他にも注意点があります。
(1)決算報告を提出していること
建設業許可を取得すると、毎年決算の内容を届け出る義務が発生しますが、この決算報告の提出が1年でも欠けると更新申請を受け付けてもらえません。
※決算報告は、事業年度終了後4ヶ月以内に提出しなければなりません。
(2)申請事項に変更があった場合、変更届を提出していること

 

更新申請は、毎年の決算報告の提出が前提ですので、決算報告に含まれる内容(工事経歴書、財務諸表、納税証明書など)については、提出不要となっています。

更新のタイミングで業種を追加する

更新のタイミングで工事業種を追加したいという場合があるかと思います。
例えば、内装仕上工事業を持っている場合に、更新のタイミングで建具工事業も追加したい、といったケースです。

許可要件のポイント

1.経営業務の管理責任者について
内装仕上工事業の許可取得時点で、5年以上の経営の経験を証明しているはずですから、そこから1年以上経過してトータル6年以上の経営の経験を証明するのは容易かと思いますので、他のすべての工事業種についても、その要件を満たせるので、問題はないと思います。
2.専任技術者について
(1)内装仕上工事業を、資格で取得した場合

・二級建築施工管理技士(仕上げ)の資格の場合・・・ 建具工事業の他、大工工事業、屋根工事業、防水工事業、塗装工事、タイル・れんが・ブロック工事業などの工事業種を取ることができますが、建築工事業(建築一式工事)などは取れません。これらを取得したい場合には、その工事業種を取れる有資格技術者が必要です。
・二級建築士の資格の場合・・・建築工事業(建築一式工事)、タイル・れんが・ブロック工事業、屋根工事業などを取ることができますが、 建具工事業の他、防水工事業、塗装工事などは取れません。これらを取得したい場合には、その工事業種を取れる有資格技術者が必要です。
・技能検定の資格の場合・・・内装仕上工事業以外は、取ることができません。 ※他の工事業種の場合においては、一部、複数業種の資格を満たす場合もあります。

 

(2)内装仕上工事業を、実務経験で取得した場合

内装仕上工事業の実務経験のほかに、申請しようとする工事業種の実務経験を有する技術者もしくは有資格技術者が必要です。
同一人物の場合には、実務経験期間を重複カウントできませんので注意してください。
また、学歴による指定学科で実務経験を10年から5年、3年と短縮して許可を取得している場合には、他の工事業種で同様に指定学科卒業と認められるかどうかは、改めて確認する必要がありますので、この点も注意が必要です。

申請の手数料は更新、業種追加がそれぞれ5万円で合計10万円となります。

 

行政書士は法律(行政書士法第12条)により守秘義務があります。

 

東京都多摩地区の建設業許可申請、会社設立、経営事項審査はJR立川駅南口すぐの池森行政書士事務所におまかせください!
迅速・丁寧にお悩みにお答えいたします。

 

まずはお気軽にご相談下さい。

 

平日 AM9:00-18:00
電話・メールで御予約いただければ土・日・祝日も対応いたします。
 042-595-6071 
エントランス

 

 

トップへ戻る