JR立川駅南口から徒歩5分。立川を中心とした多摩エリアでの建設業許可、経審、会社設立はおまかせください。

池森行政書士事務所

間違えやすい工事業種と注意点

建設業法で定められている工事業種でも、紛らわしい、間違えやすいものが多々あります。ここではそのいくつかを御紹介したいと思います。

 

建設業法で定められている工事業種は29種ありますが、自分が施工する工事がどの工事業種に該当するのかを、正しく理解することは非常に大切だと思います。
新規申請時に経営管理の責任者または営業所の専任技術者の実務経験の証明が必要となる場合に、注文書・請書や請求書などでその実務経験を証明する必要がありますが、その工事名称においては、該当する工事業種を意識しておいたほうがよいでしょう。もちろん、どの業種の工事なのかは、工事の名称ではなく実態(内容)で判断されるものですが、注文書・請書や請求書において、実を表す名にしておいたほうがよいということです。
さらに直近の事業年度の工事実績を記載した工事経歴書も作成する必要があります。(新規設立会社の場合を除きます)

 

また、許可取得後においては、毎年、許可行政庁に対して決算変更届を提出しなければなりません。
許可行政庁によっては事業年度終了報告書と言っています。
その中には、対象事業年度の工事実績を記載した工事経歴書も含まれています。
注文書類の工事名称だけで工事内容を判断してしまうと間違った工事経歴書を作成することになってしまいます。

 

エアコン設置は、どの工事業種?
エアコンは、一般には電気店で購入して、工事も併せて依頼すると思いますので、電気工事かと思いがちですが、配管が関わってくるため完全に管工事となります。
コンセント設置などの電気工事を伴うこともありますが、エアコン設置における主たる部分は配管工事になります。
また、既にエアコンが設置されている「買い替え」であれば、電気工事が生じることはほぼありません。

 

ユニットバスやシステムキッチンの据付
配管に関する工事を含まないユニットバスやシステムキッチンの据付は「とび・土工工事」に当たります。
配管に関する工事を伴うユニットバスやシステムキッチンの据付は、管工事に該当します。

※システムキッチン(ビルトインキッチン)とは、調理台(ワークトップ)、流し台(シンク)、コンロ台(IHコンロやガスコンロ)が一枚の天板でつながったものです。

システムキッチンではないキッチンはセクショナルキッチン(コンビネーションキッチン)と呼ばれています。

 

解体工事
一棟解体以外の部分的な解体については、現在では、その対象物を建設する際に必要であった工事業種の解体として施工することになっています。
例えば、内装解体はクロスや床をはがすだけのであれば、とび・土工工事ではなく内装仕上工事になります。
ただし、コンクリートはつりを伴う解体の場合には、内装仕上工事ではなくとび・土工工事になります。

※斫り(はつり) とは、コンクリート面、または石などの出っ張っている部分をのみなどで削り取ることをいいます。

 

鉄骨の組立
鉄骨の制作・加工・組立を一貫して請負う場合は「鋼構造物工事」になります。
既に加工された鉄骨を現場で組立てることを請負う場合は、「とび・土工・コンクリート工事」になります。

 

法面処理のためのモルタル吹付
「とび・土工・コンクリート工事」になります。(モルタル吹付ですが法面処理のためですので、左官工事ではありません)

 

建物へのモルタル吹付
「左官工事」になります。(建物に対しての吹付のため左官工事になります)

 

トンネルの防水工事
「とび・土工・コンクリート工事」になります。(防水工事ではありません)

 

舗装道路のガードレール・標識の設置工事
「とび・土工・コンクリート工事」になります。(舗装工事ではありません)

 

 

建物の外壁工事
建設業法上、「外壁工事」という工事の種類はありません。
・外壁シーリング・・・「防水工事」
・塗装・・・「塗装工事」
・外壁の木製型枠施工や耐震施工・・・「大工工事」
・サイディングボードの取付・・・「とび・土工・コンクリート工事」
が考えられます。

 

計装工事
建設業法上、「計装工事」という工事の種類はありません。
一般に計装工事というと次のような内容を指しているかと思います。
1.空調工事などで、冷凍機・ファンコイル・膨張弁・ヒーターなどを組み合わせ制御する工事等。
2.工場内の製造ラインなど(単純にコンベアラインなども含めて)の工事等。
3.「制御システム」「制御工事」と呼ばれることも。
内容により、「電気工事」または「電気通信工事」または「管工事」になります。

 

屋根一体型の太陽光パネル設置工事
「電気工事」かと思いがちですが、「屋根工事」になります。

 

太陽光発電設備設置工事
屋根一体型でない限り、「電気工事」になります。

 

 

 

 

行政書士は法律(行政書士法第12条)により守秘義務があります。

 

東京都多摩地区の建設業許可申請、会社設立、経営事項審査はJR立川駅南口すぐの池森行政書士事務所におまかせください!
迅速・丁寧にお悩みにお答えいたします。

 

まずはお気軽にご相談下さい。

 

平日 AM9:00-18:00
電話・メールで御予約いただければ土・日・祝日も対応いたします。
 042-595-6071 
エントランス

 

 

トップへ戻る