東京都多摩地区(立川、国立、国分寺、小平、東大和、福生、昭島、八王子、府中、東村山、武蔵村山、瑞穂町、青梅、羽村、あきる野、日の出町、檜原村、奥多摩町、小金井、三鷹、武蔵野、清瀬、西東京、東久留米、稲城、狛江、多摩、調布、日野、町田)・ 東京23区、埼玉県、神奈川県が活動地域です! 建設業許可の無料セミナー開催中!

経営事項審査とは?

経営事項審査が必要な建設工事
建設業法(第27条の23第1項)において、公共工事の入札に参加しようとする建設業者は、経営に関する客観的事項の審査を受けなければならないことが定められています。
これは、建設工事においては、許可制度により、経営業務の責任者、専任技術者の設置、財産的基礎等の有無を審査することとされていますが、これらの基準は建設業の営業のための最低条件に留まるものです。従って、建設工事の発注者は、その工事の規模、技術的水準等を勘案してそれに見合う能力を有する建設業者を選定する必要があります。
国、地方公共団体等の発注に係るいわゆる公共工事においては、一般競争入札が一般的になっています。一般競争入札においては、入札参加者の選定においてより客観性、厳格さが要求されることとなりますので、従来から活用されてきた経営事項審査が平成6年より義務付けられています。
対象となる建設工事は、一件の請負代金の額が、建築一式工事なら税込1,500万円以上、その他の建設工事なら税込500万円以上のものになります。
注)ただし、通常の災害復旧工事は義務付けの対象。

経営事項審査の審査項目

以下の内容が審査項目になります。
@経営規模(X1,X2)
・工事種類別年間平均完成工事高(X1)
・自己資本額、平均利益額(X2)
A経営状況(Y)
・経営状況分析
B技術力(Z)
・建設業の種類別技術職員数、工事種類別年間平均元請完成工事高
Cその他の審査項目(W)
・労働福祉の状況、営業継続の状況、防災協定締結の有無、法令遵守状況、建設業の経理の状況、研究開発の状況、建設機械の保有状況、国際標準化機構が定めた規格による登録の状況、若年の技術者及び技能労働社の育成及び確保の状況
総合評定値(P) = 0.25X1 + 0.15X2 + 0.20Y + 0.25Z + 0.15W
(X1,X2・・・の記号は、各評価項目に対応する項目別評点)

 

審査期間
東京都知事許可業者→東京都知事
国土交通大臣許可→国土交通大臣
※A経営状況分析は、国の登録を受けた機関が行います。

審査基準日

審査基準日とは、経営事項審査の申請日の直前の事業年度の終了の日(=決算日)のことです。
ただし、新規設立法人又は新たに事業を開始した個人で最初の事業年度を終了していない場合は、設立日又は事業開始日が審査基準日となります。また、合併の場合は、合併後最初の事業年度の終了日を待たず、合併期日又は合併登記の日を審査基準日とすることができます。
審査基準日は直前の事業年度の終了日であるため、申請時に既に新しい審査基準日を迎えている場合、従前の審査基準日では審査を受けることはできません。

経営事項審査結果の有効期間

経営事項審査が必要な建設工事について発注者と請負契約を締結することができるのは、経営事項審査を受審し、その結果通知の交付を受けた後、その経営事項審査の審査基準日(=直前の事業年度終了の日)から1年7月の間に限られています。
従って、毎年公共工事を発注者から直接請け負おうとする建設業者は、審査基準日から1年7月間の公共工事を請け負うことができる期間が切れ目なく継続するよう、毎年定期的に経営事項審査を受けることが必要となります。
この1年7ケ月は、審査結果を受け取ってからの期間ではなく、審査基準日(決算日)から記載されるものです。

 

毎年公共工事を発注者から直接請け負おうとする建設業者は、切れ目なく、毎年経営事項審査を受けることが必要となります。
『公共工事を請け負うことができる期間』は、申請の時期にかかわらず審査基準日から1年7月とされていますので、申請が遅れると審査や結果通知が遅れ、その分だけ『公共工事を請け負うことができる期間』が継続せずに、公共工事を直接請け負うことができない期間ができてしまうことがありますので注意が必要です。

まずはお気軽にご相談下さい。

 

平日 AM9:00-18:00
電話・メールで御予約いただければ土・日・祝日も対応いたします。
 042-595-6071 
エントランス

 

 

トップへ戻る