立川・日野・国立等の多摩地区の建設業許可申請、会社設立、在留許可申請、飲食業・風俗営業許可申請

風俗営業許可

風俗営業許可

喫茶店、バー、料亭などでも風営適正化法による風俗営業として都道府県公安委員会の許可が必要となる場合があります。
風俗営業を始める前に必ず許可を得なければなりません。許可を受けずに風俗営業を営むと罰則規定が適用されることになります。
風俗営業には、大きく2種類があります。
エントランス接待飲食等営業

 

@キャバレー、料亭、待合茶屋、料理店等(和風)、バー、クラブ等(洋風)
  キャバレー、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興
  または飲食させる営業(1号営業〉
A低照度飲食店
  喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、客席における
  照度を10ルクス以下として営むもの(1号を除く) (2号営業)
B区画席飲食店
  喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通す
  ことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて
  営むもの(3号営業)

 

エントランス遊技場営業
ママージャン店、パチンコ店、ゲームセンター等です。

 

接待飲食等営業、遊技場営業は原則として日の出から翌日午前0時までしか営業できません。

 

エントランス特定遊興飲食店営業
ナイトクラブその他の設備を設けて、深夜0時以降でも営業ができるものです。(接待飲食等営業、遊技場営業は除く)

 

 

深夜酒類提供飲食店営業届出

深夜酒類提供飲食店とは、午前0時以降から日の出までの時間帯に酒類を提供する飲食店です。
該当するかの判断は酒類の提供が主な営業かどうか、によります。
深夜酒類提供飲食店を営業すr場合には管轄の公安委員会に届出が必要になります。

 

 

風俗営業許可を受けるには多くの提出書類や満たさなければいけない基準があり、また、営業設備の配置図を添付する必要があります。
当事務所はこれから開店準備を進めているといったお客様が本業に専念できるよう、これらの業務のお手伝いさせていただきます。

 

 

 電話・メールで御予約いただければ土・日・祝日も対応いたします。
 TEL:042ー595−6071 
エントランス

 

トップへ戻る