JR立川駅南口から徒歩5分。立川を中心とした多摩エリアでの宅建業免許申請はおまかせください。

免許申請手続き

 

申請書類の準備

都庁への宅建業免許申請(不動産業課「免許担当」)

審査(欠格事由、事務所調査等)

免許はがきの受領

営業保証金の供託・届出 または  保証協会への加入申請

免許証の交付・営業開始

 

 <留意事項>
1.「営業保証金」を供託する場合

新規免許を受けた(東京都から免許通知のはがきが届いた)後、「営業保証金」を供託し、その供託物受入れの記載のある供託書の写しを添付(供託書の原本も提示する。)し て、東京都知事に所定の届出をしなければなりません。この届出後でないと、営業を開始することはできません。届出をしないで営業した場合は、懲役若しく は罰金又はその両方に処せられることがあります

2.保証協会への加入手続きは役2ケ月掛かります。(都庁で申請が受理されたら保証協会への加入申請はすぐに可能)
3.自己供託の場合は、供託して 届け出ればすぐに免許証の受領ができる。

保証協会加入の場合は、協会が分担金を供託した後に発行する弁済業務保証金分担金納付書が発行され た後に免許証受領となる。

4.会社の事業目的に宅建業を営む旨の 記載がない(資料16)

兼業がメインの会社などで事業目的に宅建業を営む旨の記載 がない場合
→ 事業目的を追加して登記する(登記完了後に新しい履歴事項 全部証明を取って免許申請)
  または、申請時には理由書を添付して免許後に事業目的を追加する。

 

行政書士は法律(行政書士法第12条)により守秘義務があります。

 

東京都多摩地区の宅建業免許申請はJR立川駅南口すぐの池森行政書士事務所におまかせください!
迅速・丁寧にお悩みにお答えいたします。

 

まずはお気軽にご相談下さい。

 

平日 AM9:00-18:00
電話・メールで御予約いただければ土・日・祝日も対応いたします。
 042-595-6071 
エントランス

 

 

トップへ戻る