東京都多摩地区(立川、国立、国分寺、小平、東大和、福生、昭島、八王子、府中、東村山、武蔵村山、瑞穂町、青梅、羽村、あきる野、日の出町、檜原村、奥多摩町、小金井、三鷹、武蔵野、清瀬、西東京、東久留米、稲城、狛江、多摩、調布、日野、町田)・ 東京23区、埼玉県、神奈川県が活動地域です! 建設業許可の無料セミナー開催中!

 

 

建設業許可はどういうときに必要?

建設業とは建設工事の完成を請負う営業をいいます。
一定の要件を満たす場合を除いて、建設業を営もうとする者は、建設業の許可を受ける必要があります。

 

建設業の許可がなくても軽微な工事を行うことはできます。
それでは建設業許可を取得することによるメリットは何でしょうか?
エントランスこれまで受注できなかった工事を受注できるようになる。
エントランス社会的な信用が高まる。
ということだと思います。
建築一式工事以外の工事については、工事1件の請負代金の額が500万円以上の工事も請け負うことができるようになります。

経営事項審査(経審)を受けて公共工事受注

経営事項審査は、公共工事(国又は地方公共団体等が発注する工事)を発注者から直接請負おうとする建設業者が必ず受けなければならない審査です。
公共工事を受注できれば、業績向上に寄与するものと思います。

 

この審査には建設業者の経営規模の認定、技術力の評価、社会性の確認及び経営状況の分析があります。
 1) 経営規模の認定(X)
 2) 技術力の評価(Z)
 3) 社会性の確認(W)
 4) 経営状況の分析(Y)
を行い、客観的評価がつけられます。
毎年、公共工事を発注者から直接請負うためには、定期的に経営事項審査を受ける必要があります。

 

※公共事業受注を確約するわけではございません。

建設業で独立したい。そんな方はぜひ御連絡ください!

建設業の許可を取得するには要件を満たす必要があります。
経営管理の責任者が必要です。

 

営業所に専任技術者が必要です。
専任技術者の要件を満たすための資格を持っていない場合は、なるべく早めに取得するといいでしょう。
内装仕上げ関係であれば、 の資格を取得していれば

 

誠実性
請負契約での不正または不誠実な行為をするおそれのないことです。

 

財産的基礎または金銭的信用
建設業では、着工前に資材の購入等、一定の費用を確保する必要があります。
必要な資産を、申請直前の決算期の財務諸表で確認します。

 

欠格要件
許可の取得ができない欠格要件が定められています。欠格要件に該当する者は建設業許可を取得できません。

今すぐ建設業許可が必要でない方も、一度ご相談いただいておかれると、

取得したいときに役立つのではないでしょうか。

 

多摩地区は無料出張いたします。

 

 

プライバシーを厳守します。
行政書士は法律(行政書士法第12条)により守秘義務があります。

 

多摩地区、都内23区、神奈川、埼玉の建設業許可ならおまかせください!
迅速・丁寧に対応いたします。
許可要件チェックは無料!

 

 

まずはお気軽にご相談下さい。

 

平日 AM9:00-18:00
電話・メールで御予約いただければ土・日・祝日も対応いたします。
 042-595-6071 
エントランス

 

 

 

 

無料セミナー情報

建設業許可に関する無料セミナー開催中です!
どなたでも参加できます。 参加費用は無料です。

 

・建設業の許可が無いと、工事(施工)ができないのですか?
・誰の許可を取ればいいのですか?
・費用、時間はどのくらいかかりますか?
・許可を取った後はどうなるのですか?
・どのような書類が必要ですか?
・個人事業主でも取得できますか?
・許可を取得するメリットは何ですか?

 

そんな疑問を解決します。ぜひ御参加ください。

 

開催場所:
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2丁目7−17−103(Wert21-1F)
池森行政書士事務所

 

開催日時:
下記のフォームから選択して、送信してください。

トップへ戻る